ソフトの購入 | それぞれの症状や状態に合わせた介護食レシピ

それぞれの症状や状態に合わせた介護食レシピ

ソフトの購入

介護ソフトをお得に購入する方法

介護ビジネスの複雑化や個人情報の取扱い規制の厳格化等を受け、介護ビジネスを行う上で行う必要がある業務量は大きく膨らんでいます。限られた人員スタッフでこうした業務を処理するためには、情報管理体制や伝達体制の構築を行う事が必要不可欠となりますが、介護ソフトはこうしたシステム構築を行う上で非常に便利なツールです。事実、介護ソフトを導入している事業者数は近年急激に増加しています。 介護ソフトをお得に購入するコツとしては、自社に必要な機能の洗い出しを行う事です。介護ソフトには様々な機能が付いており、機能が充実しているほどソフトの値段は高くなりますが、必ずしも全ての機能が必要とは限りません。必要な機能を洗い出し、その機能を最低限具備したソフトを探す事により、お得に購入できるケースが多いのです。

ソフト価格の相場について

介護ソフトの料金体系には、システム導入時に必要な料金を一括して支払うという完全購入型ソフトウェアと、システム導入時には料金は不要なものの毎月定額のソフト使用料を支払うという継続支払い型ソフトウェアの2種類があります。完全購入型ソフトウェアの価格相場には大きな幅がありますが、だいたい10万円から100万円程度の幅の中で50万円前後が平均相場というイメージです。後者の継続支払い型ソフトウェアは、下は月額500円から上は月額5万円程度というのが相場となっています。同じソフトを長期間利用する事がある程度決まっている場合は完全購入型ソフトウェアを購入した方が、継続支払い型にするよりも中長期的にコストは低く抑える事が出来るのが普通です。