それぞれの症状や状態に合わせた介護食レシピ

医師の確認

医師に確認してから始めよう

自宅で介護食を作る際にはいくつかのコツが有ります。まず、長期にわたって口から食べ物を食べていない人が急に食べると、危険な場合もありますので、介護食を始める場合には、医師に確認するようにしましょう。 介護食のレシピを考える場合には、食べる人のレベルに合わせることが大切になります。 繊維質の多いものは、ペーストにしても口に残ってしまう事がありますので、十分に加熱をする事はもちろんのこと、適度にとろみを付けることにより飲み込みやすくなります。 レシピは、全体のバランスを考えるようにしましょう。同じ材料でも味付けを変えることにより、レシピの幅を広げることが出来ます。 様々なレシピを紹介している本やインターネットサイトを参考にしても良いでしょう。

道具を上手く使いこなそう

介護食を作るという場合には、口の中でバラけてしまう食材や水分量が少ない食材、飲み込みにくい食材は避けるようにしましょう。 介護食を作る際にフードプロセッサーやミキサーなどを利用すると、時間を短縮することが出来ます。 アタッチメントタイプのミキサーであれば、アタッチメントを変えることにより、様々な下ごしらえを一つですることが出来ますし、ハンドタイプであれば手入れも楽です。 作る介護食の量や手入れのしやすさ、価格などを比較し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。 電化製品を取り扱っている店舗やネット通販などで購入することが出来ます。実際に使用したことのある人の口コミなどを参考にして購入しても良いでしょう。