それぞれの症状や状態に合わせた介護食レシピ

作業が簡単

通所介護専用ソフトを利用する方法

介護保険における在宅サービスの一つには通所介護がありますが、通所介護は要介護認定で要介護1から5の判定を受けた人が利用できるサービスです。 要介護者が通所介護を利用する場合は、ケアマネによってケアプランが作成され、ケアプランに基づいて通所介護事業所はサービスを提供します。 介護事業所では、生活相談員や介護職員など多くの職員が働いていますが、利用する高齢者に対してのアセスメントやサービス計画書などを作成したり、利用実績に基づいて利用者と国保連に対しての請求業務などもあります。これらの一連の作業をスムーズにしてくれるのが介護ソフトで、最近では色々な種類の介護ソフトがあり、各事業所の用途に応じて作られています。

介護ソフトの利用を望む人達とその理由

介護保険制度では、各事業所ごとに作成しなければならない書類を細かく規定しています。それらの書類は一定期間管理をして保管もしなければいけないことになっており、監査の際には全てチェックが入ります。 書類の作成や管理に当たってはサービスを提供した利用者のみならず、事業所で働く従業員のスケジュール管理等も含まれます。 このような膨大な書類の作成や管理が必要とされている介護事業所では、事務作業の効率化が大きな課題となっており、介護ソフトはそれらの効率化を実現する手段の一つとして望まれています。 介護ソフトを導入することによって、事務作業の効率化が図れるとともに、職員間での情報の共有もしやすくなるというメリットがあります。