それぞれの症状や状態に合わせた介護食レシピ

医師の確認

自宅で介護をする必要がある高齢者は、世の中にたくさんいます。自宅介護の場合、介護食も自宅で用意する必要がありますが、そのレシピを考えるなら、まず医師に確認を取りましょう。

動きやすく機能性の高い介護のユニフォームはこちらからご購入出来ます。デザインもカラーも豊富なのでお気に入りのものが見つかりますよ。

Read More

作業が簡単

介護ソフトを活用することによって、業務を簡単にすることができます。ケアマネからケアプランを作成することができ。サービスを提供することができます。また、介護ソフトは、いろいろな種類があるので、目的や用途に合わせて利用できます。

訪問介護等のスケジュール管理等が可能な介護ソフトなら通所介護の細かな管理にも役立ちます。スムーズな介護サービスを心がけたいなら利用しておきましょう。

Read More

ソフトの購入

介護ソフトは介護ビジネスの需要が高まっている今、最も重要とされているソフトウェアです。ソフトの導入をお得にすることができるコツを学んで効率的に使いこなしましょう。

Read More

充実性

見た目が綺麗で味も美味しい介護食のレシピはこちらで紹介してくれています。作るときの参考にしてみてください!

業務の効率化が図れる介護ソフトの導入を検討しませんか。色んなソフトがあり、事業所の特徴に合わせて選ぶことができます。

今後レシピはさらに充実する

2025年に団塊の世代が後期高齢者となり、在宅での介護を行う人口の増加も予想される。在宅で生活する高齢者にとって、移動や排泄と同じく、食事に関してもリスクが存在する。加齢のための筋力低下や、脳血管障害による麻痺、認知症による食事への集中力の欠如などから、食事を上手く飲み込めない可能性が生じてくるのである。現に、飲み込み間違いからの肺炎が原因でなくなってしまう高齢者も少なくない。 そうしたリスクの回避のために、介護を要する高齢者には介護食の提供が必要になる。しかし、市販されているレトルトの介護食は、毎食購入するには高額である。こうした背景から、介護食については、より簡便に、より低コストで作ることができるレシピが開発・普及されていくことが予想される。

症状・状態にあった介護食の提供を

飲み込み能力が良くない方に提供するための介護食レシピの選択については、いくつかの点で注意しなければならないことがある。上手く飲み込めない原因に合わせて、食べ物の形態や性状を調整する必要がある。 例えば、水分を飲むとむせこむ方に対しては、なるべく咀嚼した時に水分が出にくいようにする工夫が必要である。単にやわらかいだけで、水分が染み出して固形物と分離してしまうようなものは、かえって危険である。また、咀嚼する力が弱い人にとって、硬いものだけでなく、弾力があるものも食べにくい。咀嚼力が弱いと噛み切ることが難しく、そのまま無理に飲み込もうとすると窒息する危険性がある。 介護をする相手の、飲み込みの状態に合わせレシピを選択することが、安全につながるだろう。上手く判断できない場合は、医療機関の専門家にレシピを見せて相談することなどの方法もいいのではないだろうか。